01. たのだんとは?

『たのだん』とは、「たのしいダンジョン」の略。
富士見書房より発売されているテーブルトーク・ロールプレイング・ゲーム『ソード・ワールド2.0』のリプレイシリーズの1つで、本作と同様、二刀流剣士のシャーリィを主人公に、剣の世界ラクシアを旅する冒険譚です。

ところで――
テーブルトーク・ロールプレイング・ゲームって?
ソード・ワールドって?
リプレイってなに?
……という方も多いかと思います。まずは、それらについて解説しましょう!



“テーブルトーク・ロールプレイング・ゲーム”とは?

まずはテーブルトーク・ロールプレイング・ゲーム(以下TRPG)について。
TRPGとは、「もし伝説の剣で戦えたなら?」「もし魔法が使えたなら?」「もし自分が異世界を冒険できたなら?」――そんな、誰もが一度は考えたことがあるはずの「もしも」のことを叶えてしまう、魔法のようなゲームです!

……え? そんな大げさなって?
いえいえ、これは誇張でもなんでもないです。本当の話。とても簡単でとても楽しめるゲームです。初心者でも大丈夫!
――と、ここまで読んでWi○やP○3を思い出したあなた。残念ながらTRPGは非電源(アナログ)ゲーム。使うのはゲームのハードじゃなくて、サイコロです。



あなたはRPG(ロープレ)というジャンルのゲームは知っていますか? 
そう、選ばれた勇者な主人公が仲間を集めて魔王をやっつけにいくようなゲームのジャンルです。TRPGも基本はそれと同じ。自分が勇者や戦士、時には人間ではない何かになって冒険するゲームなのです。そのゲームの中なら、助けたお姫様と結婚するのも、魔王を倒してペットにしてしまうのも自由!

遊び方はロープレと一緒。まずプレイヤーがキャラクターのステータス――どんな姿で、どんなことが得意で……といった設定を作って、キャラクターに名前をつける。そしてここから少し違うのですが、TRPGではそのキャラクターを演じるのです。

――演じる?
演じると聞いて、舞台演劇を思い出したあなた。大丈夫、そこまでガッツリ演じるわけではありません。ようはそのキャラクターとして、そのキャラクターになりきって行動し、話せばいいだけ! 実に簡単です。
……あれ? 想像できないでしょうか?

それなら百聞は一見にしかず。実際にやってみましょう!
さぁ、あなたは勇者です。想像してみてください。勇者であるあなたは、剣と盾を持って野道を歩き、次の街を目指しています。さぁ、赤い屋根が並ぶ街の風景が見えてきましたよ。あなたはまず何をしますか?



……ん? ……手近な家に入ってタンスの中を調べる?
むむむ。あなたはなかなかゲームになれていらっしゃるようだ。たしかに、ここで手に入れた薬草が次のボス戦に役立つこともあるでしょう(笑)。ちゃっかり者のあなたは、街につくなり目についた家屋に入りました。そして、一階にある木製のタンスの引き出しに手をかけました。すると――

「コラー! 泥棒めーっ!」

と、家のおじさんに怒られました。
――え? 理不尽だ? ロープレじゃ、タンスを調べて怒られたことがない? 
たしかに、プログラム通りに話が展開するTVゲームでは怒られることはそうそうないでしょう。けれど、今遊んでいるのはTRPGです。トーク次第で自由に状況が変わるのです!

さぁ、怒られたあなたはどうするべきでしょうか?
先に断りますが、「たたかう」「まほう」「にげる」等のコマンドはありません。ごく普通に考えてください。……はい、そうですね。謝りましょう。「ごめんなさい」と。

どうでしょう、少しは体感していただけましたか? これがTRPGです。テレビではなく、「机(テーブル)」で「会話(トーク)」しながら「演技(ロールプレイ)」するゲームなのです。あなたは今、「勇者」を演じて、「自由」に行動していたのです!

勇者を演じたあなたはプレイヤー(遊んだ人)。演じたキャラクターはプレイヤー・キャラクター(PC)と呼ばれます。プレイヤーを数人募って、戦士や魔法使い役のPCを集めて、今の要領で遊んでいけばロープレと同じですね。時にはモンスターと戦ったり、ペガサスに乗ったり……。



ん? まるでいい思いがしなくて面白くない?
たしかに。タンス開けたことで怒られてばっかりなのは面白くないですね。では、素直に謝り、次のボスを倒すためのアイテムを探していたというあなたの話を聞いたおじさんは「それならそうといいやがれ」と言いました。「コレを持っていきな」と、餞別に素敵な剣を渡してくれます。あなたの装備はまた一段とよくなりましたよ!



――こんな風に、会話次第で話が変わっていくのがTRPGです。会話に決まりなどありませんから、好き勝手にストーリーを変えて、面白くしていってしまってください。
簡単に、自由に、楽しく遊べるゲームなんです、TRPGって!

ところで、あなたがプレイヤーを担当するのはいいとして、誰があなたを冒険の世界へいざなってくれるのか?
さっきで言えば、「街が見えてきた」「おじさんが登場した」「おじさんがあなたを叱った」などなどのプレイヤーが遊ぶシチュエーションを用意する人が必要です。そういう人をゲームマスター(以下GM)と言います。
TRPGは、GMとプレイヤーで遊ぶゲームなのです。



●“リプレイ”って?

リプレイとは、そのTRPGを遊んだ記録のことです。
前述の通り、TRPGは会話で遊ぶゲーム。その時の会話を録音し、後にどんな会話で、どんなキャラクターが活躍し、どんなストーリーになったのかを文章としてまとめたものが、リプレイと呼ばれます。



本作『たのだん』もTRPGのリプレイです。そう、実はシャーリィやチロルたちも、キャラクターを演じた人――プレイヤーがいて、その会話を元に描かれています。



●ソード・ワールド2.0って?

“ソード・ワールド2.0(以下SW2.0)”とは、TRPGのルールのこと。日本で最も人気の高いTRPGのひとつです。



はて、言葉で遊ぶゲームにルールは必要でしょうか? 
答えはYES。どんなゲームであっても、ルールがなくては遊べません。

例えば先ほどおじさんからもらった剣を思い出してください。それが「空も大地も、何でも斬れちゃう剣」だったとしましょう。そして、あなたの前に立ちはだかる敵が持っているのは「未来永劫傷がつくことのない盾」だったとしたら? この二つがぶつかった時、どっちが勝つでしょうか?

ここで必要になってくるのがルールです。剣と盾、それぞれの強さが明確にルールで決められている。もしくは同じ強さだったとしても、どう決着をつけるか決められていれば、混乱することはないからです。
もちろん、こういったルールにはたくさんの種類があります。ゲームソフトでもドラク○やファイ○ルファン○ジーがあるように、TRPGにもさまざまなゲームがあるのです。

本作『たのだん』で使用しているが、このTRPGルールの1つである『SW2.0』。20年以上前から遊ばれているTRPG『ソード・ワールド』のリニューアル版です。
この『SW2.0』があれば、自分のキャラクターの強さの決め方や、使える魔法はもちろん、冒険の舞台がどんなところかも決めてくれます。



●ソード・ワールド2.0の世界

『SW2.0』の舞台となるのは、“剣の世界”ラクシア。三本の“始まりの魔剣”が作り出した世界です。

 

高い魔力を持った三本の剣が自身の主となるべきもの――人を生み出し、そして、剣に触れた者に絶大な力を与えてきました。剣から力をもらった者は神として崇められました。ある神はみんなで幸せになろうと、力をわけあたえました。ある神は、その力で世界をわがものにしようとしました。そうした神の対立はやがて神々の戦へとなります。世界は長い戦いの時代を迎えました。

戦いに参加したのは神々だけではありません。魔剣に触れることのなかった者たち――“小さき人々”もまた武器を持って参戦しました。そうした“小さき人々”の中でも、調和を望んだ神“始祖神”ライフォスに味方したものを人族。力を望んだ神“戦神”ダルクレムに味方したものを、蛮族と呼ばれました。

こうした大々的な神々の戦争は、長い時をかけても決着がつかず、神々は疲労し、ついには眠りについてしまいました。ですが、残された人族と蛮族は今なお戦いを続けています。およそ二万年にもおよぶ長い戦いは、たくさんの文明を興しては潰して来ました。

特に有名なのは、三百年前に起こった〈大破局(ディアボリック・トライアンフ)〉です。
その頃、世界は人族が領土を広げ、誰もが簡単に扱えるマジック・アイテム――魔動機械で栄えた時代を迎えていました。ですがある時、長らく地下に潜伏していた蛮族たちが大挙して押し寄せ、人族は全滅の危機に瀕しました。最悪の結果を迎える前に、魔剣を手にした勇者が、蛮族の王を倒したことで危機を脱しましたが、その時にはもう文明は滅亡してしまっていました。



そして現在――。
人族たちは今なお蛮族と戦いながらも、かつての文明を取り戻そうと発掘に精を出しています。そこで活躍するのが冒険者と呼ばれる者たちです。
冒険者たちは剣術や魔法などの腕を磨き、それらの技術を活かして蛮族退治や遺跡調査を行って生計を立てています。
みなさんプレイヤーは、この冒険者となってラクシアを旅するのです。

(text by 藤澤さなえ)


●関連書籍




  



この『たのだん』は、「テーブルトークRPG」や「リプレイ」というワードにピンと来た、まさに貴方のための作品です!
ちょっと面白そうかも……?と興味を抱かれた方への入門編ストーリーとしても最適!

また、いつものocelot作品同様、恋と友情・冒険物語のキネティックノベルとしてもお楽しみいただけます。
貴方も剣の世界”ラクシアで、素敵な仲間達と冒険の旅に出てみませんか?



02. 藤澤さなえ先生が手がける新作ストーリー!


原作者・藤澤さなえ先生執筆のテキストは、標準的な文庫本換算で3冊から4冊分のボリュームがあります。
「たのしいダンジョン」で繰り広げられるキャラの掛け合いやバトル&友情と恋のワクワク感を、キネティックノベルならではの映像と音楽の演出でお楽しみください。



03. 主要キャラクターはもちろんフルボイス!

総勢10名を超える声優の熱演が、感動シーンをさらに盛り上げます!! 
自動メッセージ送りと組み合わせると、ドラマCDに近い感覚で楽しむことができます。
キャラクターごとの音声オンオフ切り替えも可能!



04. 特典も充実!

初回限定版特典 :小冊子/たのだんスペシャルおまけブック(全50P)
 キャラクターの詳細データやキャラシート、舞台となるルキスラ帝国の世界設定(帝都ルキスラの歩き方、歴史、政治、人口、軍事、施設、周辺ガイド)、たのだんの裏舞台がわかる「裏リプレイ」を収録した、内容盛りだくさんの小冊子です!





予約キャンペーン特典 

 「たのだん・プレミアムコレクションCD」


 ・AmBushによる入魂のBGMを収録したサウンドトラック

 ・笛吹りなによる未公開キャララフなどの設定資料イラスト

 ・高解像度イラストを使用したキャラクター別の特製デザイン壁紙

 ・出演声優による目覚ましボイス、留守録ボイス、PCシステムボイス集
 (シャーリィ:金元寿子、チロル:田中美智、レクサス:井上剛、
  ポポ:浜田夏樹、ジャスティン:大竹みゆ、レトア:藤田咲、
  ポニー:nayuta )

♪嬉しいコンテンツが満載のプレミアムCD-ROM。予約キャンペーン限定の非売品です。



 豪華W特典をプレゼント! 予約キャンペーン開催 !!



    
Copyright (C)ocelot All Rights Reserved./画像等の素材の使用につきましては、こちらをご覧下さい。